人気ブログランキング |

30代女のホンネ。


最近物忘れが激しくて、3日前に誰と会って何をしたか、全く思い出せないことが多くなりました。なので日記代わりに気が向いたことをつらつらと書き記していく予定です。
by sxysaddy
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ついに大人になったようです。。。

こないだ、友人とお昼を食べながら

「大きくなったら何になりたい?」みたいなバカ話をしていた。

正直、この歳になるまで、自分が社会的に見たらとっくに大人だって言う事実に

実感が持てた事は一度もありませんでした(おいおい)。

体の方はどんどん歳取っていくんだけど、中身は20代以来変わってないっていうか

気持ちの上で「歳取ったな〜」って感じる事はまったくなかったんです。

これは実は、私は小学生の低学年の頃から、何の根拠も無く

自分は35歳で死ぬと思い込んで大きくなった事の影響が大きくて、

小さい頃からずっと「35歳で死ぬ」っていうのがディフォルトだったので、

歳取った自分とか、大人になって結婚して家庭を持ってる自分とか、

いわゆる「将来計画」を全く立てないまま大人になったのです

(思い込みってホント怖いですね〜)。

なので、35〜36の一年間は、マジビビって過ごしました。

病気になるのか、事故で死ぬのか、分からなかったし。。。

で、無事36歳の誕生日を迎えた時には

「あれ?まだ生きてるし。。。」と正直、不思議に思いました。



最近、「いずれ老いる」というのを実感として感じています。

白髪が頭だけではなく眉毛とか鼻の中とか下の方とかにまで出たり、

どんなにケアしても肌が弛んでしわが出来たり、毛穴が開いたり、

体の筋肉もゆるくなって、下がっちゃいけないところが下がって来たりとか。。。



同時に、精神的にも、落着いて来たっていうか

若い頃みたいに「全方位外交」する体力はなくなってきて、

時間とエネルギーがどんどん限られてきているので

大事なところに優先的に時間とエネルギーをまわすようになってきています。

あれだけ大好きだった夜のお出かけも、人ごみと大音響の中、

一晩中踊るような体力は、もう無いっす(苦笑)

っていうか、ドレスアップして出かける事自体、めんどくせ〜〜〜〜。。。ってカンジ。



で、そうやってなくなっていく体力と知力を悲しむためのエントリーではなく(笑)、

正直、「この先老いていく」という事実と、やっと折り合いをつける事が

できるようになりました、という報告です。



なんかいい意味で枯れて来たと言うか、開き直れて来たと言うか、

自分を犠牲にする事無く、人を大事にする事ができるようになってきた。

若い頃って、人を優先する事と自分を犠牲にする事っていつもワンセットで、

人間関係でも人生においても、本当に大切な事をきちんと見極められなくて

自分で自分に振り回されていたし、その分周りも振り回して、

周りにも振り回されていた。

でも最近は、腹が据わって来たと言うか、

自分に取って大切な人が大切だと思う事を、自分のこととして同じように大切に

思えるようになってきました。

ワガママ言わなくなって来た。というか、ワガママを言って

それを聞いてもらう事で愛情を確認するって言う方法が

いかに無意味か、やっと悟りました(笑)



日本女性はいつまでも若々しい、と言うのは本当だと思います。

でも、それもやっぱり40代前半までで、40代後半になると

体のホルモンバランスが変わって来る事もあり、

しわも増えて、いっきに老ける人が多い。

今までは気持ち的にそれを認める事にすご〜く抵抗がありました。

綺麗に着飾って外出しても、人に見られる事が20代の頃に比べて

少なくなったりってことに気づくと「私ってやっぱり老けてる?」って不安になったり。。。



でも、今日、初めて、「自分は歳を取ったらどんな女性になりたいか」ってことを

考えました。

私がなりたい大人の女性は、40代は天海祐希さん。

50代は藤原美智子さん、60過ぎたら佐伯チズさん(見かけだけ)が近いかな。

60ぐらいになったら、ショートヘアにすると思います。母も祖母もロン毛でしたが。

(その頃には、父親みたいにほとんど全部白髪になってるのかな。苦笑)

体は衰えないように、これから作り込んでいかないと。笑

見た目は歳相応でも、雰囲気は時間の流れの外に居るような存在感と言うか

時間の流れに消費されるのではなく、その外側で

時の流れを眺めて、飄々としている人になりたい。

ダイアン・キートンみたいな。

本当に歳を取ったら、海辺に小さな家を買って、犬と二人で暮らしたい。

毎日、夕方、犬と浜辺を散歩して。。。笑



やっと一人前の大人になれました。

自分が望む老後を手に入れるために、これからもう一がんばりします。笑

私、自分をあきらめたら、その時点で終わりだと思ってるんです。

弛んだり下がったりしわくちゃになったり老眼が出たり、

外見の衰えは多少仕方が無いですが

生活習慣を変える事で、老いのスピードを遅らせることはできる。

頭の方も、40過ぎたら暗記はムリ、とか言いますが

ムリだと思うからムリなんでしょ、って心から思います。

できると思ってやれば、できちゃうもんだし、

やろうと思えば、いくつになったって、絶対に勉強できる。

いくつになっても、その歳にふさわしい美しさ、あり方って絶対にあります。

それを常に最大限に引き出していけるようになりたいです。

by sxysaddy | 2011-06-27 15:12 | 人生全般

Relationship関連自己ケイハツ本の罠。。。

今考えると本当に懐かしいのだが(って言えるようになって良かった 苦笑)、

30代前半で当時遠距離してた彼と別れた後、しばらく一人で居た反動で

ものすご〜〜〜〜〜く彼氏が欲しくなったことがあって、

オンラインで出会い系とかいろいろやってみたけど、ひとっつも成功しなくて

一体私の何が悪いの?って自己啓発本を読みあさったことがある。


かの有名な「ルールズ」、ジョン・グレイの「火星・金星」シリーズ、

バーバラ・デ・アンジェリスの本etc、

「その道の権威」と言われる人たちの本を読みまくった。

で、そこに「男には金を使わせろ」と書いてあればデートの際には当たり前のように

相手におごらせて、「男におごってもらうのが当たり前、と言う態度はよろしくない」と

書いてあれば自分で払う、とか、自分のポリシーってのがなく

本に書いてあるアドバイスに振り回されていた。


男は最初は体が目当てだから、簡単に許さない方がいい、とか、

電話は必ず相手からかけさせろとか、メールの返事もすぐに返してはダメとか

細かい事まで、も〜、うるさいうるさい。

こんなに細かいことまでごちゃごちゃ考えなきゃいけないんだったら

いっそ誰とも付き合わなくても良い!!!と半ばかんしゃくを起こして(苦笑)、

今に至る。


で、今、思う事。

こういう細かいルールがいろいろ必要になるのは、本来なら何もないところに

ムリに何かを生み出そうとしているからじゃないのかな。。。

だって、相手の事を知っていて、相手との間に無理に関係を生じさせようと

しているのでなければ、そんな「メールは24時間以上経ってから返信」

みたいな、バカなルールが出て来るはずないもの。

仕事とか趣味とか、相手との共通項が何かしらあれば、連絡するのだって

ごちゃごちゃいろいろ策を練らなくても、「今度この展覧会があるけど

行く?」でも、「今度このDJがスピンするけど、行く?」で済む。

断られても「あ、そう、じゃあまた次回ね」で済むハナシ。

そういう連絡の際に、「メールの返事は24時間うんぬん」とか

考えてる人が居たら、ホントめんどくさいよ。。。。

スパスパ話が決まらない人の相手をするのは、継続してはムリ。。。

それに、自分がものすご〜く忙しくて、それこそ来たメールやテキストには

即返事しとかないと絶対忘れちゃう!っていう場合には、

どうでもいいメールには返事しないし

そうじゃないメールには速攻レス返すでしょ。


結局、こういう「ルール」って、ケースバイケースなんですね。

これさえ守ってれば理想の男(女)をゲットできる、なんていう黄金律は

絶対にない。男の人だって一人一人違うし、シチュエーションだって

それぞれ違う。その時、その相手に対するそのシチュエーションで

ベストな対処法っていうのは、十握一絡げな恋愛本なんかで

対処しきれるようなもんじゃない。

その辺の読みを誤り、恋愛ルール本に頼りすぎて

不適切な時に不適切な対処をしてたら、恋と幸せを遠ざける一方ってことに

なりゃしませんか。

人との関係は生き物だし、その場その時によってベストなアプローチも

変わってくるもの。

自己啓発本も、気分転換に参考程度に読むのはいいかもしれませんが

藁にもすがる思いで、最後の切り札的メンタリティで依存しすぎると

うまく行く物も行かなくなる可能性有り、だと思います。


私にとって一番恋愛指南の参考になってるのは、恋愛部長さんと言う方が書いてらっしゃる、

その名も「恋はいばら道」(ホントその通りだよ)というブログです。

恋愛部長さんはこのブログは止められたようですが、

アーカイブに残ってる記事は読めますし、どれも参考になります。

同じようなアラフォー/独身の女性で、しかも彼女の場合

周りがさぞかしうるさいだろうと思われる日本に住んでいる。

彼女のバイタリティと冷静な分析力は、ホント尊敬します。


くだらないルールに捕われてないで、相手の気持ちを尊重しつつ、

自分の気持ちにも上手に折り合いをつけて、いい恋をしたいですね。

by sxysaddy | 2011-06-23 03:43 | 恋愛

自分の欲しい物を、明確に分かっている事。


最近、ほんと〜〜〜〜に大切だと思うことがある。


このブログを始めた時に、以前故・森遥子さんがエッセイの中で

「磁力」の話をしていた事を話し、同じく私の親しい友人で

自分の欲しい物を必ず手に入れる人は、その「欲しいもの」が一体なんなのか

明確に分かっている、という話をした。


この、「自分の欲しい物を明確に分かっている」ということ。

これって本当に大切な事。

例えば、ただバクゼンと「彼氏が欲しい〜!」って思ってても、

願いがバクゼンとしているうちは、絶対に絶対にかないっこない。

自分が欲しい彼が一体どんな人なのか、実感として持つことができて

さらにその実感を現実の物として感じる事ができた時に初めて

その願いは現実の物になるのではないだろうか。。。。


例えば、私の話。

今まで、彼氏欲しいと漠然とは思っていたけれど、

その相手は日本人が良いのか、外人が良いのか、決めかねていた。

でも、某「鉄腕アトム君」に出会ってから(彼の話はまた後日改めて書きますが)、

絶対に絶対に日本人がいいと思うようになりました。

歳が上がるに連れて、英語で会話するのがしんどくなって来たし、

日本語に特有の表現を英語で言おうとするのが大変になって来た。(苦笑)

同じ言語を話せないと、やっぱ気持ちが100%伝わらないのよね〜。

で、ユーモアのセンス!これは大きいです。ユーモアのセンスには、国民性が出ます。

アトム君と居たときも、ほんと〜〜〜〜〜におバカな話で

一緒に死ぬほど笑ってました。

くだらない話で、いつも一緒に笑っていられる。

そういう人が良いな。


日本人で、アメリカ社会でアメリカ人と対等にわたっていけてる人。

それもアイデンティティのはっきりしないどっちつかずの日本人ではなく、

自分は日本人だと言うはっきりした意識のある人で、

その上で、ここではニッチである日本人社会に頼らなくても

アメリカ社会で、アメリカ人と対等に渡り合っていける人。

でも中身は日本人で、私と笑いのツボが一緒。

年の差は10歳以内。

細マッチョ。ほっといてもおしゃれ。

そうでなければ、ファッション的にオープンマインドな人。

(私、天秤座ですから、男に服選ぶのは得意です 笑)

ルックスは小池徹平チックで(笑)、毛深くない。

家庭において苦労してて(両親離婚してるとか)、同じような人の苦労が分かる人。

仕事ができてアタマがよろしい。でも自分に溺れすぎていない人。

かっこいいし、モテるけど、絶対に浮気しないdisciplineのある人。

あ、そうそう。それからもう一つ。

他人に「嫌なヤツ」だと思われる事を恐れない人。

必要であれば、憎まれ役を買って出る事の出来る人。

私と同じく、日本とアメリカ半々で過ごすライフスタイルが理想だと思っている人。


こんな人、絶対に居るはずないと思っていました。アトム君に出会うまでは。

でも、アトム君に出会って、考えが変わりました。

一人居るんだったら、もう一人ぐらい絶対居るはず。(笑)

アトム君はまだ大学生で、まだまだ純粋で、

社会人としての経験があまりないので、

社会人として果たして正しい方向へ「スレて」いけるかどうか、予測がつかない。

ホント〜〜〜〜〜〜にいい子なんだけど、いい「子」の域を出て

いい「男」(私に取っての)になるには、まだまだ時間がかかるでしょう。

若さはなまもの。いずれ腐ります。その腐り方次第で、ワインやチーズのように

風味が増す「良い腐り方」をすることもあれば、食べれば食中毒を起こすような

腐り方をすることもある。

アトム君は打たれ強いので、おいしく成長していくだろうとは思いますが

40歳になった時、既にいろいろな事をあきらめながら人生生きてて

それをよしとする可能性も、なきにしもあらず。。。


なので、私は、私にあった「10歳年上のアトム君」を探します。

で、見つけます。(笑)

早く、おいで〜。私はここにいるよ〜〜〜〜〜。

by sxysaddy | 2011-06-15 16:46 | 恋愛

えっ、えっ、エリ〜トぉ????

最近J-Dramaにハマってる。一昔前も日本のドラマは見られたけど、

わざわざ日系のビデオ屋さんに行ってレンタルしなきゃいけなかったので、

めんどくさがりの私にはけっこうハードル高かったんだけど(笑)、

今はネットのストリーミングで何でも見られる。極楽、極楽♬


で、今日は「血液型別女が結婚する方法♪」を見ているのだが

(そんな事してないでGREの勉強しろ〜、という自分に対するツッコミはさておき)

O型女のエピソードの中のセリフに、キャラの一人が

「彼はトリリンガル(これ、正確には「トライリンガル」なんですけど)、すなわち

三か国語がしゃべれる、エリートなのよ」っていうのが出てくる。


エ、エ、エリ〜〜〜〜〜〜トぉ????


実は以前、面白半分に、学校で知り合った人たちが果たして

平均で何カ国語しゃべれるのか、計算してみたことがある。

そしたら平均3.5ヶ国語だった。

私はほぼ完璧なバイリンガルですが、そんなの全然、お話しにならないっす。

私の周りには、4カ国語、5カ国語しゃべれる人の方が多いですから。

私もバイリンガルなだけじゃなく、トライリンガル目指して

フランス語をやっておりますです。発音、難しいんだけど。。。


日本人は語学が苦手って言うけど、トライリンガル=エリートっつ〜発想は

ちょっとワケ判りません〜。語学だけ出来てもねぇ〜。

大事なのはその語学で何をするかだと思うのですが、いかがでしょう。

by sxysaddy | 2011-06-15 11:13 | 人生全般

Alton Brown's Cheesecake

Food Network のセレブシェフ、アルトン・ブラウンのチーズケーキのレシピ。
アルトンは料理のレシピを化学的見地から分析する料理人。
エンジェルフードケーキの時なんて表面張力について話したりするし(笑)
彼のレシピは化学的にも納得いくおいしさです。

1&1/4 cup sour cream
20 oz (2.5 packages) Cream Cheese
1 cup sugar & 1 Tbsp corn starch
mix together below:
1/3 cup heavy cream
1 tbsp vanilla
3 egg yolks
2 whole eggs

Soften the cream cheese, mix in sour cream and sugar/corn starch. scrape down the side of the bowl first, then add liquid mixture very slowly. once 1/2 of the liquid goes in, scrape off the wall of the bowl again and add the rest of the liquid.


33 pieces graham cracker squares, crushed by hand (lots of chunky pieces with crumbs)
1 stick unsalted batter, melted
1 tbsp sugar

add melted butter & sugar to crushed cracker, and put 2/3 of it to the bottom of the pan, crush with a bottom of a glass (filled with pennies for additional weight). put it in 300F oven for 10 minutes for blind-baking. cool completely before adding batter.

Pour the batter into the cooled crust, put the cake pan filled with batter into another cake pan that's bigger, add boiling water up to 2/3 of the sides of the pan with cheesecake in it.
bake at 250 F for 1 hour, turn off the oven, open the door for 1 minute to let the hot air out, close door and leave cake in oven for 1 more hour
put the cake straight into the refrigerator for 6 hours.


9x3-inch solid 1-piece pan, side & bottom lined with parchment paper

* softer batter, richer cake

by sxysaddy | 2011-06-14 13:11 | Recipe

人生とタイミング

大学院受験の事についてアドバイスをもらうために

昨日仲の良い友人に会って、お昼を一緒に食べた。

その時、時間って人生において唯一、

万人に等しく(人間の生は限りあると言う意味で)限定された

リソースなのに、20代の頃って全然そんな事考えもしなかったよね、っていう

話になった。

彼の夢は獣医になる事なんだそうだが、結婚してて家持ちなので

公私ともに果たさなきゃいけない義務がいろいろとあり、

仕事やめて獣医になるために学校いく!って

できないんだそうだ。


人生において、気づかないうちに取捨選択をしていることがある。

私の場合、この年まで一人でお気楽な人生を行きて来たことだったり、

家持ちになったり、家族持ちになったりしてこなかった事でもあり。。。

でも、さすがの私でも、この先、いつまでも

今のままお気楽な人生を行きていけるとは思ってない。

これから先、何かを選択すると言う事は

同時に別の何かを選ぶ事を放棄することになるんだろう。



例えば家を買うか、買わないか。

大抵の家は30年ローンなので、この先年齢が上がっていくに連れて

長いスパンでローンを組む事はどんどん難しくなっていく。

ここ15年位はいわゆる「働き盛り」の年齢だけど

その後、年取ってから、「あ〜持ち家だったら良かったのに」ってなる可能性もある

(私は定年退職するつもりはないのだが、それだってどうなるかわからないし)。

家族を持つ事もそう。

女性には「生み時」というのがあるし、子供を産めるリミットもあるので

(産むだけじゃなく、育てるのも体力居るし)、

一人でいる時間が長くなるにつれて、子供を持つと言う選択肢も

淘汰されてなくなっていく。

いままでたいして考えもせずにただ人生を進んで来たけれど、

この先はいままでのように後先考えずにお気楽に物事を選んでいく事は

さすがに無謀だ、っていうことがどんどん増えていくんだろうなぁ。



同時に、いままでは特に努力しなくてもできてきたことが

意識して努力しなければ出来なくなっていくんだろうなぁと思う。

例えばダイエット。

中年太りとは良く言ったもんで、この先、ちょっと気を抜くとすぐ太る、ってことに

なり、さらに、普通にただ食べないというダイエットをしたのでは

「美しく痩せる」ことはできないでしょう。

それに今の時点で体力作りをしていくかいかないかで、年取った時の体力が

全然違ってくると思う。

綺麗に痩せるためには、これからはやっぱり

筋トレしないとだめでしょ〜。。。。


若者だった頃は当たり前に出来た事が、

これからはどんどん出来なくなっていくというのもあるし。

視力も落ちる、聴力も落ちる、体力も落ちる。

皮膚も筋肉もたるむし、しわも増える。。。

でも、これから先、努力するかしないかで

多分老いた時、全然違って来るんだろうと思う。


さて、面倒くさがらないで、努力をしなければ。

私は絶対に落ちるに任せるなんてしない〜!

ホント、これだけは絶対、自然に抗って、潔ぎ悪く、じたばたもがきますです。

知力も体力も、まだまだ落ちるにまかせてる場合ではないのよ〜ん。(笑)

by sxysaddy | 2011-06-12 14:33 | 人生全般

Eat Pray Love


映画ってホント見るのに時間かかる。

なので、忙しい時にわざわざ時間作ってまで見ようとは思わないのですが

やる事ない時に時間潰すのにはもってこい。

というわけで、最近映画を見ています。


「Eat Pray Love」はエリザベス・ギルバートによる同名の本が原作で、

離婚とうまく行かない恋愛を経験した著者が、自分探しの旅に出て、

イタリア、インド、バリで様々な人に出会い、いろんな事を経験するのを通して

人間として成長していく、という

女性版ミッドライフ・クライシス(笑)のお話しです。

(あ〜ダメだ、こうやって書いてるだけで、じんましん出そう。。。)

主人公の年齢設定がイマイチはっきりしないのですが、

ジュリア・ロバーツが主演な辺り、おそらくアラフォーだと思います。


私の周りの女の子達はみんなこの映画を絶賛しているで

参考までに見てみたのだが、

私はイマイチ(どころかイマサンぐらい)のれなかったなぁ〜。なんでだろ?


多分、主人公はそれなりに成功している女性作家で、

仕事をしなくてもお金の心配をせずに

一年間も世界放浪の旅に出られるという辺りが

私に取っての現実とは遠くかけ離れているからだと思うのですが。

あと、私は既に外国(アメリカ)に住んでいるので

彼女みたいに自分探しのために丸一年かけて外国を放浪する必要なんて

ないからだろうなぁ〜。。。

自分再発見したければ、日本に帰ります。私の場合。

で、日本で「アメリカに住んでいる自分」を再発見して帰ってくる。(笑)


多分この映画がアメリカでヒットした理由は、

様々なしがらみに捕われて行きている主人公が

そのしがらみから自分自身を解放するプロセスに

共感する女性が多いからだと思います。

この感覚は世界共通だと思いますが、

彼女の物の考え方とか行動様式とかが

やっぱり「となりのジェーン」じゃないところがあるんだよな〜。

どっちかっていうと普通の女性と言うよりはセレブ寄りで

少なくとも私に取っては、自分の生活との共通点はあんまりない。

だから共感も出来ないんだと思うんですが。

っていうか、つい「アラフォーになってまで自分探ししててどうする?」とか

思ってしまいます。

若い時にきちんと自分と向き合って来なかった人は、

ミッドライフクライシスもひどくなるのかしら。。。

ま〜私みたいに自分探しばっかりしていて現実世界の方がさっぱりお留守なのも

どうかと思うけど。(苦笑)

まぁ、離婚してダンナからせしめた金で世界放浪の旅に出る、というのではない

辺りは、現代女性だなぁとは思います。

それに、どっちかっていうと世界放浪の旅に出る前の彼女は

ダメンズウォーカーっぽいカンジだし。(笑)


バリでメディスンマンに会ったり、インドのあやしい宗教のアーシュラムに行ったりする辺り

ホント正真正銘、アメリカのアラフォー女性によくいる

ヤッピーとヒッピーのハイブリッドってカンジです(笑)

こういういわゆる「アメリカのある種典型的な人たち」からは

かけ離れたところに居る私には、共感できなくてあたり前かも。。。

これに比べたらはるかに底が浅いですが、その底の浅いところで開き直ってる

sex and the city の方が、私は好きでした。

by sxysaddy | 2011-06-12 04:25 | Movies

「自分さえ我慢すれば」の幻想


二つ前のエントリーに追加(というか、訂正)。

「人生ってね、自分が我慢すれば人を不幸にしなくてもすむっていう場面が

間々あります。

そういう時、自分が我慢する事の方が、

私やあなたのように「我慢慣れ」してる人間には、簡単なんだよね。」と、

書きました。


確かに、「我慢慣れ」してる人ってのは居ます(かくいう私もそうです 笑)

でもね、「自分が我慢すれば人を不幸にしなくてもすむ」っていうのは

絶対に幻想です。

なぜなら、「我慢する」ということは、ムリをするということ

だから。

誰かの我慢の上に成り立つ幸せなんて、絶対長続きしないと

私は思います。


「自分さえ我慢すれば」っていうのが有効なのは、

あくまでも、それが一時的、暫定的な時間稼ぎのための解決策である場合のみ、です。

その過程で多少の痛みを伴ったとしても

長い目で見たら結果的に誰も我慢しなくてもいい結論へたどり着くための

ステップへのつなぎとして、暫定的に辛抱する。

それならアリだと思います。


我慢の上になりたつ関係なんて、絶対に長続きするものじゃない。

勇気を出して、今、行動するか、それとも

30年後に、時間をムダにしたという痛烈な後悔とともに

同じ結論をするか、だと思います。


「産みの痛み」は、必ずしも自分の痛みだとは限らない。

誰しも痛い思いなんかしたくないし、

「私に痛い思いをさせないで!」と泣き叫ぶ人もいるし、

そのせいで恨まれる事もあります(当然)。

でも、例え人にそんなに痛い思いをさせてしまうとしても、

自分が正しいと信じた道を、ひるまずに進む事ができるかどうか。


難しいです。


私が離婚した時がそうでした。

私の元ダンナはとても良く尽くしてくれる人だったので、

とてもとても悩みました。

で、一時は、このまま私が一生我慢すればいいんだと

思いました。


でもね、やっぱりダメでした。

我慢って長続きしないんですよ、やっぱり。

で、その時、背中を押してくれたのが、

当時のルームメイトが言ってくれた言葉

「今までしてくれた事への感謝の思いだけで、すでに破綻している

関係を続けていく事なんて、絶対にムリ」だったんです。


5年、10年と時間をムダにして結局同じ結論にたどり着くのなら、

勇気を出して、たとえ痛みを伴ってでも、今、実行する事が、

お互いに取って長期的なダメージを最小限にするための

最も有効な手段だと理解しました。



時間って、人生において一番限られたリソースだと思います。

誰しも、生まれた瞬間から砂時計の砂が落ち始めて

それが逆に戻る事は絶対にない訳ですから。

でもけっこうみんなそれに気づいてないもんなんだよね〜〜〜。。。。

by sxysaddy | 2011-06-06 15:09 | 人生全般

メタファー


人間関係って、積み木に似てる。

一つづつ、細心の注意を払って積み上げていっても、

脆弱であれば、たったひとつの乱暴な行いで、あっさり崩れてしまう。

それに、土台がしっかりしていなければ、

その上にどんなに積み上げていっても、

必ずいつか、歪みと重みでバランスを失い、崩れてしまう。


しっかりした土台の上に、バランスよく積み上げて

多少の事では崩れない人間関係を築くためには、

まず、ムリをしない。

重力と、力学の法則に逆らった力技を使わない。(笑)

自然に逆らわない。

感情に任せて乱暴に扱わない(壊れ物ですから)。

どんなに甘えても甘えても、相手が必ず自分を許して

受け入れてくれるだろうと思い込むのは、幻想だと思います。

そんなムリは、絶対に続かないって。

by sxysaddy | 2011-06-03 06:33 | 人生全般

Around40 語録

私は、将来後悔するんじゃないかなんて悩むより、今を後悔しないように生きていきたい。

二十代の恋は幻想である。三十代の恋は浮気である。
人は四十代に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る。

by sxysaddy | 2011-06-02 15:47 | 人生全般